24時間換気システムのお掃除
(室内 空気取り入れ部)


2006.10.13





皆様は日頃、神経質と思われるほど換気システムの本体(フィルターなど)周期的にお掃除しているかと思いますが、

それぞれのお部屋の天井に配置されている、空気取り入れ部のお掃除は多くの方が忘れがちになっているのではないでしょうか・・

時々空気取り入れ部の直下に居ると冬などは特にスースーと寒く感じたり、音が気になったりと良い事ばかりではありません。

さて最近、無意識にその空気取り入れ部(プラスチック部)に目をやりますとかなり黒く汚れていることに気が付きました。

やはり4年も経過しますと、システムも常に可動している訳なので空気の出口はそれなりに汚れるもんですよね。

換気システム本体のお掃除は特に大事ですが、1年に1回位 吹き出し部も気にかけてあげましょう。

結構汚れている筈ですよ。


          


                                 
●お掃除の仕方●


吹き出し部を下から覗きますと、ご存知とは思いますが真ん中に空気の流入量を調整する円形の部品が付いていますよね。

おさらいですが、時計回りに回すと空気の流入量が減る方向で、反対方向に回すと空気流入量が最大になるヤツです。

その横に2つのネジが見えるかと思いますが、基本的にお掃除の際はこのネジを外す必要は一切ありません。

これは天井内を通るダクトと部品とを天井部に固定するためのものなので、素人はいじらない方が無難でしょう。


では、どうやって掃除すれば良いのか下記に記しましたのでご参考にして下さい。

ちなみに特に作業は難しくなく、ただ空気流入量を調整する円形の部品をそのまま下に引っ張るだけで取り外せます。

ちょっと壊れそうで怖いですが、安心してやってみて下さい。   ただ下に引っ張るだけで取れますので・・・・

取れましたら、その円形の部品を水洗いし天井部の部品は雑巾などで拭いて出来上がりです。

汚れのひどい場合には、汚れ落としスプレーで綺麗に掃除してあげて下さい。

特にアレルギー持ちの方はコマメに掃除しておいた方が良いと思います。

意外に汚れてますよ〜

      
  中央 円形の部品をそのまま下に引いて
取り外します。
ちょっと壊れそうで怖いですが、簡単に
取れますので大丈夫です。


外した円形の部品は丁寧に水洗いします。
洗剤で洗えば尚 完璧。

その後 水拭きして乾かして下さい


綺麗になって蘇りました。


リングの内側が特に汚れているので、丁寧に
お掃除してあげて下さい。
こんなに汚れてたのと、反省させられます。


部品を取り付け 作業完了。
序に空気流入量をほど良く調整しておしまい。






お掃除とは全く関係ありませんが、この部品 どうしても私は納得がいかないのです。

そんなことを思っているオーナーの方は、私だけではないと思います。


味気ないプラスチック何とかならないかな〜  せめて木製柄とかガラスとか・・・・