ウッドデッキ床(研磨)

2005.05.8〜10



我が家では入居してから、早3年目になろうとしています。

特にウッドデッキフェンス及び床は普段から直射日光そして雨・風を直接受けるので、ほっておけば

高価なウッドデッキも間違いなく直ぐに痛むでしょう。

命がけで手に入れた愛着あるウッドデッキですから、メンティナンスも命がけと言う感じです。

さてウッドデッキのフェンスについては、結構コマメにお手入れ(塗装など)しているのですが、

床ともなると我が家の場合、重たい鉢が数多く並べられているので、残念ながらそう簡単には出来ません。

でも床部材は木の肉厚が薄いばかりか、泥や水などで年月と共にかなり汚れますので十分に手入れして

おかないと直ぐに老化してしまいます。

出来れば年に一度くらいは最低塗装くらいはしてあげたいものですよね。

持ちが大分違います。

さて我が家の床は何度かキシラデコールにて塗装しておりましたが、3年目にして床の黒ずみが少々

気になりだしましたので思い切って電動サンダーにて削ってみる事にしました。

とにかく電動サンダーと言えども、面積が広いとかなりの労力を必要としますので、大きすぎるデッキも

ヨシヤシかも知れません。(^^)  小さいデッキで大正解〜〜〜 こんな時ばかり・・・・

勿論、あまり頻繁に削り過ぎますと当然ですが木が薄くなってしまいますのでほどほどに・・・

(削る前の床)

  


(電動サンダーでの研磨作業風景)

  かなり木クズが舞いますので、マスクして作業した方が良いでしょう。
  中腰で作業する格好になるので足腰に来ます! また手は振動でしびれます。
  音もうるさいので、耳にも来ます!

  


(研磨後の状況比較) 

 見違える様に綺麗に研磨されました。
 まるで3年前の入居時に戻った感じですね〜

            

   ちなみに、床を研磨する際は一番荒いペーパーが作業効率が良いです。

   仕上げ用の薄いペーパーですと、あっと言う間に削れなくなり新品のペーパーと交換する様です。