12ヶ月点検

2003・02・02(AM10:00〜)

早いもので、もう12ヶ月点検を本日迎えました。

お気に入りの我が家を定期的に点検していただく事は大変喜ばしい事ですが、何より久々にSHSの清水さん
と再会できる事の方が嬉しい気がします。

前日からそわそわし、お客さんを招く気持ちで窓拭きしたり便所掃除したりと大歓迎ムード一色の我が家です。

今日は仕事もOFFなので、久々に新しい発見を期待に取材させていただきました。



気になっていた洗面所(流し台の水漏れ)


清水さんが到着するや否や、以前からご指摘させていただいておりました

流し台の水漏れ箇所について早速点検して下さいました。

   


早速何処から水漏れがするのかを確認するため、流しの扉を開けて中を覗き込み点検する清水さん。

しかし実際に水を流さないと判断し難いみたいだったご様子なので、私が気を効かし

清水さんの承諾を得て上から水を流す事になったのです。

以前から気になっていた洗面台と化粧台の継ぎ目部分が怪しいのではと考え、

迷わず水をかけてみたところ、予想は的中し扉の中で上を覗き込んでいた清水さんの顔面に

私の流した水がまともにかかってしまいました。

思わず笑ってしまいましたが、そこはプロ 笑顔で対応して下さいました。

水漏れの原因が確認出来ましたので、コーキングする準備として水分をウエスでふき取る作業に移りました。

  

主人に水をかけられ様が、嫌な顔一つせずもくもくと作業する清水さん。

この継ぎ目部分は初期のコーキングのし忘れなのか? それは定かではないが

水をかけると間違いなく水漏れしますので、注意が必要です。

知らず内に、下部の収納内が水でビショビショなんてこともあり得ます・・・


流し台の水気が乾くのを待っている間、先に玄関ドアー及び窓の点検が始まりました。


気になっていた次女部屋のドアー


以前から、次女(由依)の部屋ドアーの閉まりが若干悪かったので点検していただきました。

ドアー自体が少し反っているのか?或いは周りの木枠が反っているか?は

目視では判断し難いそうで、暫く様子を見させて下さい!との見解でした。

  

余談ですが、通常のSWHでは240pの天井が一般的で、270pと言う高さの天井もあるそうなんです。

天井が高い分、ドアも大きくするオーナーが大半なのでドアーが大きくなればなるほど

反りも大きくなって閉まりが悪くなるそうです。

私が推測するに、我が家のドアーは合板なので反りの影響でなく周りの木枠が微妙に

変形したものによる兆候ではと考えています。

玄関ドアー及び3層メッシュウインド等の点検



●玄関ドアーの点検●

何時もの様に556スプレーで油を注入後、プラスドライバー片手に

3ヶ月及び6ヶ月点検にはなかったドアノブ及びロックノブのガタつきをも点検していただきました。

特に玄関ドアーの様に使用頻度の高い箇所はネジが結構緩むそうです。

以外にネジが緩んでいたのを拝見し驚きました。

  


●1階 トップターンウインドの点検●

玄関ドアーに続いて一階の3層メッシュウインドの点検が始まりました。

  

興味深く作業の様子を見ていると、清水さんが私に問いかけて来ました。

何やらノブを回した時に少し重いな〜と感じたらトップターンウインドの下部にある

小さな穴から556を注すとイイですよ〜との事。

私はこの穴の存在すら知りませんでしたが、ほんと勉強になりますよね〜

要領は操作ノブを倒した状態で下部の穴に556を多めに注入すると良いそうです。

実際、操作性が良くなりました♪ さっすが〜清水さん。



色々教えていただいている最中、清水さんからメンテナンス講習会でやりませんでしたっけ?

ん〜 教えてもらった気もするが・・・・


●バルコニードアの点検●

バルコニードアーにも小さな穴の存在があるのを清水さんはそっと教えて下さいました(^^)

ん〜知らなかった。




●2階 トップターンウインドの点検●

   

壁紙(継ぎ目部分)の補修


作業中、清水さんとお話している中で壁紙の継ぎ目部分の補修についても尋ねてみました。

壁紙の補修作業はクロス屋さんの分野だと最初から認識しておりましたので

また結構、手間がかかるものであると先入観もありました。

しかしながら話の流れで清水さんがこれから作業すると言う事になり、ちょいと驚き。

その成り行きを見守っていますと、1階の玄関附近から作業は始まりました。

(作業の様子)
  補修する箇所に
マスキングテープを貼ります。

成功の秘訣はマスキングから
だそうです。


  補修箇所にジョイント コーク・A
を注入します。

色は壁紙に合わせ
白とベージュがあるそうです。


余分なジョイントコークは
ヘラを使わず指で取る。

油性ではないので
指に付いても水で簡単に
落ちるそうです。


  マスキングテープを剥がして
作業は完了です。



いや〜それにしてもクロスの補修って以外に簡単なもんですね〜

ちなみに私の性格を良くご存知の清水さんは、ジョイント コーク・Aを置いていきます!と

言うことでまた以後 気になる箇所は自分で補修しようと思います。

これで終わりと思いきや、清水さんも大変几帳面な性格の様であらゆる気になる所の

補修を始められました。

私のささいな質問がとんだ作業になってしまった清水さん・・・本当に頭が下がる思いです。

    

作業しながら教えていただいたことなんですが、壁紙は全て四隅の角で切れているんですって・・

理由は簡単、SWHではパネル構造なので年月による収縮を想定しているためだそうです。

もし一枚もので壁紙を貼ったとすると、パネルが伸びれば当然角の壁紙は伸び

縮めば当然シワが寄る。


洗面所(流し台の水漏れ)シーラント補修


後回しになっていた洗面台のシーラント作業に移ります。

マスキングテープを施しシーラントが注入されましたので今後は安心です。

ちなみにコーキング剤が乾くのに要する時間は約6時間だそうです。

  

 

作業の合間、水周りに使用するシーラントについては

防カビ剤が入ったものを使用する事もご教授下さいました。


クローゼットの開閉調整


全ての作業も終え、確認書にサインしようかと言う時に妻が思い出した様に

次女の部屋のクローゼットの開閉における不具合を清水さんに報告すると

改めて2階へ足を運んでいただきながら、確認及び修理していただきました。




清水さんへの厳しい口頭試問


清水さんの普段の勤務地は?

私は埼玉県の岩槻が清水さんの勤務地と思っていたので、横浜まで態々点検にお越しいただくのも
大変だな〜と思っていたのですが、お話によると横浜の綱島にあるそうなんです。

清水さんのご担当 範囲は?

担当範囲は神奈川区から南は藤沢・茅ヶ崎辺りまでカバーしている様です。

窓枠の塗装時期は?

特に定められた時期はないが、日が当たる当たらないで微妙に違うそうです。
我が家の窓枠などは白のペンキなので、素人が塗るとムラになってしまう可能性があるので辞めた
方が無難だそうです。
ちなみにサイディング塗装は約5年〜7年ほどで老化してくるので、どうせ足場も組まなくてはなら
ないので、その時期に合わせて専門業者に塗装してもらった方が良いとの見解でした。

家の外壁等の汚れについて

今後、長年生活する上で、外壁など結構汚れて来ると思いますが
時々家を高圧洗浄している様子を見る事がありますが、その時期は・・・と尋ねると

塗装する際には必ず高圧洗浄してから塗装作業するそうなので特に別途必要ないとの事でした。

防犯について

バルコニードアーは小さなロックなので、何かと心配になり尋ねますとオプションでそれなりの
グッズはあるとの事でした。

ちなみに玄関ドアーからドロボーが入ったと言う事例は未だかつてSWHではないそうです。
また3層メッシュウインドについては、一枚破って見たもの3層なので時間稼ぎができないので殆ど
大丈夫だそうです。

やはり死角が多い所は、油断は出来ません。
我が家はとてもオープンなので、防犯には助かってます。

清水さんいわく、ドアーも綺麗に壊してくれれば良いがバールの様なものでバルコニードアーなど、
こじ開けられる時は修理が結構大変だと呟いていました。

フローリングの艶出しについて

特に子供たちの部屋のフローリングが机やピアノの度重なる移動で若干ツヤがなくなっています。
艶出しの回復方法があるのか尋ねて見ますと、推奨するAUROとは別に新築時の引渡しの時に使
うワックスがあるそうです。

今時はアトピーとか色々ありますからね〜と清水さん。
ツヤは出そうだが、身体には良くないみたいなのでAUROで根気良く頑張ります。

加湿器の使用について

我が家には一つしか加湿器がありませんので、尋ねてみますとこの時期は湿度が約30%程度に
下がると言う事でした。
特にSWHは木を豊富に使っているので、全部湿気が木に吸い取られてしまうんですよ〜と清水さん

特に寝室にないとノドをやられ風邪をひき易くなると脅かされ今夜もう一台 加湿器を買ってくること
にしました。

ウッドデッキ床の塗装について

最近 キシダテコールに変わる新しいモノが出ている様です。
一缶10000円と高めですが、結構長持ちするとの事でした。
でも乾くのに3日もかかる欠点があるそうです。

キシダテコールでは6時間もあれば乾き、取扱いも容易で我が家ではこれがベストかも知れません。
塗装する時期は梅雨前に塗るのが良いそうです。

他の豪邸などではメンティナンスも
大変なのでは?

特に我が家以外では、豪邸が多いと思いますが窓が多く結構メンティナンもご苦労あるのでは?
と質問しましたら、清水さんは苦い顔され そうなんです 大変ですと心中を語ってくれました。

お話によると、高齢者に限って豪邸が多く殆ど掃除もしていないご家庭もあるそうなんです。
だから時々点検の際に掃除もして下さい!とお願いすることもシバシバあるそうです。

豪邸に住んでいながら もったいないですと 清水さん・・
いや〜もったいない。


他のハウスメーカーでこの様な点検は行われれているのですか?

私が、SHSの様に定期点検等を確実に行っているハウスメーカーは他にあるんですかね〜
とお尋ねした所、即答で ”ありません” とお答えいただきました。

一部、お客様の依頼で点検することはあっても、この様な方式をとっているメーカーは他には
ないそうです。




この12ヶ月点検では、何時もになく充実したとても勉強(収穫)になった一日でした。

知っている様で知らない事って沢山あるんですよね〜

まだまだ私は未熟者と言えるでしょう。

日頃から数多くの経験をされておられる清水さんには全く足元にも及びません・・・

これからもまだまだ何事も勉強ですね。

それから外壁の塗装の事や、気になるクロスのシワなどあったら

遠慮なく連絡下さいと心強いお言葉を頂き、これからも安心して暮らせそうです。

今日は雨降りの中、態々お越しいただき誠に有難うございました。

次回の点検を楽しみにしています。