木製サッシュ3層ガラス窓のお手入れ






普段のお手入れ(日頃編)


 普段私は雨降りなどの後には、窓が汚れてるな〜と思えばガラスクリーナーを使って窓拭きをやっていますが

 妻の日頃の窓拭き要領がちょっと私とは違っており、これが以外に綺麗になって汚れも付き難いと言う事ですので

 ご紹介させていただきます。

 特に難しいことではありませんが、バケツの中の水に柔軟材を混ぜ、雑巾を固く絞りただガラス面を拭くだけなんです。

 柔軟材を使うと不思議に汚れが付き難くなるメリットがある様です。

 ちなみに車の洗車後にも、妻は柔軟材を混ぜ染み込ませたセーム革で車体の表面を拭きますと、汚れが不思議に

 付き難いのです。

 


普段のお手入れ(完璧編)


 何処のご家庭でも同じかと思いますが、一般的には市販のガラスクリーナーで両面お掃除していると思います。

 私の性格上 ガラスの透明感を何時までも維持しておきたいので、汚れた汚れないに関係なく暇さえあればせっせと

 ガラス磨きをしています。

 特にガラス磨きを趣味にしている訳ではありませんが、くもりの無い透き通ったガラスって心まで透き通る様な気がして

 何時も気が付くと無意識に磨いちゃっているんですよね〜

 私のこの磨き病グセは、きっと昔から愛車を磨き込むことに命を懸けていた時期がありまして、多分そのなごりでは

 ないかと自分では思っています・・・・・。

 その時から愛車のガラスを掃除する時に長年愛用しているお気に入りのガラスクリーナーがありまして、我が家の

 3層ガラス窓にも応用して使っているんですが、これがまた驚くほど綺麗になるんですよね〜

 車好きな私が選ぶガラスクリーナーベスト1は glaster sol (グラスターゾル 420ml入り) です。

      

                               (磨き方)  

 そのガラスクリーナーを使って私流の磨き方をレポートします。
 
 まず、準備するのもはお気に入りのガラスクリーナー1本と 2枚のウエス(使い古しの下着など)を用意する。

 一枚のウエスで全て仕上げようとすると、ウエスに付いた汚れやスプレーの液が染み込んでいるので綺麗になりません

 ので、汚れ落とし用のウエスと仕上げ用ウエスとに区別して作業する事をお勧めします。

 要領はガラス面にシューとガラスクリーナーをふり掛け、全面のガラスの汚れをウエスで磨き落とす。

 その後、ガラスに付着したスプレー液が白く乾いたら仕上げ用のウエスで丁寧に真心込めて両面磨いて出来上がり。

 あまり夢中で作業しますと、誰が見ているか分かりませんので笑顔を絶やさない様にハリキッテ根気良く作業して下さい。

 我が家ではアルムなので3層メッシュガラス窓が少ないので幸か不幸か助かってますが、まぁ年末のお掃除時期に

 なんてこと言わないで 汚れの極力少ない内に早めにお手入れした方が普段の作業効率も上がり楽です。

 何事も日頃のコマメなお手入れが肝心ですね。



ぜったい止めた方が良いもの


 車用のガラコと言う製品がありますが、ある方から薦められて我が家のガラスに試してみたのですがこれは正直

 お勧め出来ません。

 ガラコは本来、自動車用に開発されたものでコーティングするとガラス面の汚れを防ぐばかりか水も弾く効果がある

 ので自宅の3層ガラス窓にも好都合であると正直理解していました。

 しかし実際使用してみた感想は一時的には効果があって窓拭きする手間が省けるかな?と考えていたのですが

 コーティングしてから暫くしてから、ガラス面の透明感がなくなり少し白く濁った感じ (つまりコーティング材が時間

 の経過と共に老化し燻った様な) 状況になってしまいました。

 太陽の光が当たれば更に反射してその濁ったものが浮き出て悲しい思いをしますので、止めた方が無難でしょう。



ガラコで得た究極の知恵



 我が家では一度 ガラコを塗ってしまったので、もうかなり強力なので落とすのに大変苦労しました。

 市販のガラスクリーナーやマジックリンなどで一生懸命磨こうとも、簡単には落ちてくれません。

 なんて余計な事をしてしまったんだろう〜と悔やんでも後のまつり・・・

 そんな訳で何か特殊なガラコのコーティング落としは無いものか? と探していたら何とオートバックスにガラコ落とし

 なるガラコと同じメーカーでglaco glass conpound (下地処理剤) が売っていました。

 早速我をもスガル思いで試してみた所、これが予想外に完璧に落としてくれるではありませんか〜

 おかげさまで、疎(まば)らな気になるコーティングはほぼ完璧に落とす事ができ、今では透き通る様な透明感を

 取り戻す事が出来ました。

 そして作業をしている間に気が付いたのですが、ガラスの下地処理剤(コンパウンド)なのでガラコを塗っていない

 場合でも、ガラスクリーナーで落ちないあらゆる汚れなどは、ガラスコンパウンドで100%蘇ります。

 長年の間に、どうしても透明感がなくなったな〜と感じて来ましたら是非一度お試し下さい。