木部(凹凸)の補修
2003.08.08

腹立てず 心は丸く 


特に木(高価なパイン材)をふんだんに使われていますので
木の温もりは普段の生活の中で自然と安らぎを感じさせてくれます。

しかしパイン材はとても柔らかい材質ゆえに、特にカウンターや階段などは
少しでも衝撃を与えると軽く凹んでしまうので、とても気を使う所ではないでしょうか?

自分の知らぬ間に凹んだりしているのを発見したなら、それはもうガッカリ。
自宅に居ながら”誰がやったの〜”と犯人探しにもなり兼ねませんし、
たかが凹み一つで夫婦喧嘩になるのもバカバカしい事ですよね。

そんな訳で、凹みが付いてしまったものは仕方がないと潔(いさぎよく)諦め
出来る限り速やかに修復する事だけを考えれば、作業に没頭し
腹を立てる事もいつの間にか忘れてしまうに違いありません。

 

修復作業


残念ながら、大切なカウンター及び階段の表面が不運にも凹んでしまったら
諦めないで出来る限り速やかに手を加えれば、完璧とは行かないまでも
ある程度は目立たなくさせる事が期待出来ます。

凹んだ箇所に水分を与える事によって、木がその水分を吸収することで
凹凸部分が再び元の形に戻ろうと膨張し不思議に蘇って来るのです。



@  洋裁用の針を使い凹んだ部分に無数の穴を開けます。
A  凹んだ部分に多めに水を与えます。
 
B  水分を十分吸わせたティシュペーパーを凹凸部に乗せる。
C  ティシュペーパーの上にサランラップを被せ、極力
 水分が蒸発させないための処置を施す。
D  気になる所を見つけたら、同じ工程を繰り返し半日から
 一日この状態を保ち寝かせておく。


以上の工程で、ある程度は修復が可能です。
他にも良い手立てがあるかも知れませんが、手軽で簡単に出来ますので
知らなかった方はお試し下さい。

ちなみに凹み補修材も手軽ではありますが、年月の経過と共に木が焼けてしまい
補修箇所と色が変わっしまうのが欠点なんです。
やたらに補修材で穴埋めするのもヨシヤシ・・・・・・・かも?