お風呂の掃除及びカビ対策

カビ対策の心得

カビを絶対生えさせない方法は一つはお風呂に入らないことです。
しかし入浴しない訳にも行きませんから、日頃からカビの発生を極力抑える努力をする他、手立てはありません。

無論、展示場ではありませんから100%美しい状態を保つには日頃の注意と手間が不可欠なのは言うまでもありませんが、
習慣付けてしまえば、何時までも清潔にそして輝きを維持することは可能ではないでしょうか・・・

我が家で毎日実行している事は、子供達にも協力してもらいながら最後に入浴した者がカビ対策として吸水性のある雑巾で
拭き掃除
をし、徹底的に水気を取り除いてから浴室を出る取り決めになっているんです。
入浴時の換気扇との併用により、これだけでもかなりカビの発生を防ぐことが出来るのではないでしょうか・・・
しかしこれだけでは残念ながら完璧とは行かないのがカビの凄さです。


対策法

入浴時は換気扇は当然ONとします。
また可能な限り、トップターンウインドは少し開けておくとガラスが曇らず湿気防止になります。

            

お風呂から出るときは、必ず冷水で浴室に撒き温度を一挙に下げてから その後、雑巾で全ての水気を取り除きます。
最近では
車用のセーム革を愛用しています(水気を取るには完璧なアイテムです)
勿論、身体を拭き終わってからのタオルでお風呂内を拭いてしまうのも手ですかね?
拭く前に冷水で温度を下げてしまうのが、ミソなんです。

ちなみに車用のワイパー型をしたアイテムで水気を取るのも手ですかね・・・

               

特に目地やお風呂のフタなどには水分が溜まり易く、カビが生え易いので十分拭いておく事が肝心。
それでも季節によってはカビが出てしまう場合があるので注意が必要です。
特にスウェーデンハウスは木のサッシュを採用しているので、木部とガラス面は完璧に水分を拭き取っておきたいものです。

本来ならトップターンウインドも夜、開いておきたい所ですが防犯上その様な訳にも行きませんので換気扇タイマーははお長めに・・

翌朝、トップターンウインドを出来る限り大きく開き換気をする。
日頃トップターンウインドの下部分中心に水滴が溜まる傾向があるので、お天気の日には窓の下部分を上に上げておくのがベスト。
  
                 



普段のお手入れと万が一カビが出てしまったら・・

万が一、カビが出てしまった場合には専用の液体で早期にブラシ等で擦り洗い流します。
我が家では下図のブラシを使い分けて赤くなったカビを早期に発見し対処しています。
根強いカビはカビ用スプレーの併用によりピカピカに落としてくれます。

           

私は普段から歯ブラシを使って気になる所をコマ目に水アカやカビを落としています。
歯ブラシは手軽でかなり重宝しています。

          


やはり毎日の事で、かなり根気が要りますが、大切なお風呂場なので出来る限り美しさを維持させる為頑張りましょう。
冬時期ではちょっと辛いですが、スッポンポンで風邪など引かぬ様に・・・・・ 


特に注意する点。

フタの裏側
日頃から完璧とも思えるカビ対策を講じつつも、点検用のフタ裏側や鏡の裏側・天井に至るまでは中々普段億劫になりがち・・
しかし知らず知らずの内に見えない箇所には真っ黒いカビがどんどん増殖していますので、早めに対処する必要があります。
私は殆どお風呂に入る度にカビが生えそうな部分を確認しています。
少しでも黒ずんで来たら迷わずブラシで落とすことが肝心。
普段、お風呂に入る時は自分の身体を洗う前にどうしてもキョロキョロしてしまうのは病気でしょうか・・・
最近はカビを落とす所がなくなって来ましたので、ちょっと残念です(^^)

                

未だかつてフタの裏側まで綺麗(新品同様)に保っているのは我が家だけ? かも知れません・・・

ロールカーテン
普通一般ではお風呂場ではロールカーテンを使用しているかと思いますが、湿気を帯びたまま丸めておくとカビが発生しますので
通気を良くするため窓を半開きにして、日中はカーテンを下げておくのも一つの手段です。


椅子や桶など・・
私は入浴後に椅子やオケ等も水拭きしています。
風呂上りには写真の様に乾燥させていますので、カビは殆ど生える事はありません。

                


蛇 口
一般的にはあまり気にしない箇所かと思いますが、結構ほおっておくと中は凄い事(カビ)になっていますので
時々点検してみることをオススメします。


             

我が家のお風呂日記

●私●
私の仕事柄、朝風呂(シャワー)に入ってから出勤と言う場面が数多くあるのですが、そんな時でも又どんなに忙しくとも風呂の
隅々まで雑巾で全ての水分をふき取ってから出る様にしています。
身体を洗っている時間より、もしかしたらお風呂の隅々まで水分をふき取る時間の方が長いかも?知れませんね・・
先日、つい夢中になってしまい危うくバスに乗り遅れる所でした。

現在では習慣になっていますので、当たり前の様に要領良く実行出来ています。
これだけ毎日カビ対策してるのですから、カビも殆ど増殖している暇もありません。


妻も私に影響されてか、ほぼ完璧に私の代行を勤めてくれています。
二人の協力によって今も尚 新築時或いはそれ以上に清潔で美しいバスルームの環境を保っております。

次女
今日は2003年11月19日ですが、夜に次女(小学5年生)が一人風呂に入っており、暫くすると風呂場から何やらブラシで擦る音が
聞こえて来ました。
そっと風呂場を覗くと愛らしくも次女なりに気がかりな所を一生懸命磨いてくれている様でした。
次女は誰に似たかとても几帳面な性格なので、日頃から助かっています。
勿論、次女が磨いた後は完璧です。
特に浴槽のフタの凹凸の間にあるカビは全て次女が落してくれています。

長女
我が家の長女(高3)も最後に入った後は、一応簡単ではあるが拭いてくれているみたいです。
まぁ 良しとするか〜
風呂の湿気取りより宿題と携帯メールの方が忙しそうだ。 


換気扇のお手入れ


我が家では入居してから3年目にして、始めてお風呂の換気扇を掃除しました。
部屋の換気扇に比べると、点検する頻度は極めて少なく何処のご家庭も忘れがちになっているのではないでしょうか?

もしまだ一度も中身を見たことがないと言われるオーナー様が居られるとしたら、それはそれは大変な状況になって
いますので、是非早めにお手入れをする事をオススメします。

お風呂の換気扇は通常のフィルターではなく、蒸気を外へ出すためのファンが備え付けられているのですが水蒸気の
湿気により多くの不純物がファンにコビリ付いています。
出来れば、換気扇の中身(ファン)を丁寧に外して掃除した方が作業はやり易いでしょう。

●作業要領
   
    (取り外し)
@換気扇の蓋を外す Aファンのガードを外す Bファン中央のネジを緩める

    (ファンの掃除)
       とにかく想像以上に汚れていますので、カビキラーなどを掛けてある程度汚れが落ちた所で丁寧にブラシで
         擦ると見違える程に汚れが落ちます。

                          

 
   (取り付け)       
@ファンを取り付ける Aファンガードの取り付け(ネジ3つ) B蓋を取り付ける