フローリングのお手入れ


普段のお手入れ



我が家の床は脱衣所を除き、殆どがフローリング材で敷き詰められています。
普段の生活の中で特に気を付けている事は、床と接するソファーや椅子・ベッドの足底・その他観葉植物の鉢底などに
キズを防止する為の保護シートを底面に貼り対策を施しています。

日頃の掃除は毎日、掃除機をかけてからモップで乾拭きをしています。

大切なフローリング、新築時と同じ状態を何時までも持続したいと思うのは誰も同じと思いますが、しかしながらうっかりモノ
を落としてキズを付けたり凹んだり、一生懸命掃除機で掃除してたら掃除機でキズを付けてしまったりと人生には色々と
あり、そんな時はとても切ない気持ちになる事もあります。

生活の中でキズが付くのは当たり前で、掃除や普段の手入れも手間がかかりとても苦労する所ではありますが、
憧れの一戸建(マイホーム)の引渡し日の感動を思い出すたび、逆にその労力が楽しみに変わる不思議を感じています。

特に私は現場で大工さんが一枚一枚フローリングを貼る様子を眺めていましたので、掃除する度にフローリングが大工さんの
手で重なって行く様子を見て感動したあの日のことや、直向に作業されていた大工さんの優しい表情が今も目に浮かび、
そんな頃の事を思い出しては常日頃 夢中で掃除機がけやモップがけをしています。

ついつい当たり前の様に生活をしていますが、フローリング一枚一枚が人の手によって私達オーナーの為にホコリまみれに
なりながらも一生懸命造り上がられたものであると言うことを決して忘れてはならないと思います。

つまり感謝の気持ちが無くなったその日から、フローリングは間違いなく痛み始めると私は考えています。


                   



保護ツヤ出し



毎日の掃除は夫婦共々協力しながら欠かす事はありませんが、先日SHSにより3ヶ月点検が実施された際、
石油系化学物質でない
天然物質のAURO社製ビーズワックスの存在を知りました。
早速、そのビーズワックスを試してみました。
               
                     
  
   Nr-431(ビーズワックス)

           特 長:

  
@ ワックス感のあるエマルジョン
   A  水に容易に分散する
   B ワックス膜による保護作用あり。
   C 洗浄力がある。
   D 芳香性あり。 
                              
 

説明書によると、そのビーズワックスの特性は @成分は全て天然物質であること A有毒・有害なガスは発生しない
B生物に直接触れても害はない C純粋な植物性バインダー、植物性溶剤のみを使用しているので室内環境に良い影響を
与える D原材料は自然環境に負荷を与えない E太陽エネルギーだけで生産される植物性化学成分を使って製造されて
いる。 F天然化学物質は環境に悪影響を与えない技術のみで製造されている・・・・との事です。


                            

初めて使用した感想は、とても容易に気軽にワックスがけが出来る事と、化学物質を一切使用していない為に人体への
影響もまったく気にしなくて良いのが嬉しいですね。
塗った後はワックスに含まれる成分によって、優しく部屋中を香らせます。


                            ●作業要領

作業要領と言っても、何ら難しいことはありません。
塗る前に床の掃除をして、バケツにお湯(30℃〜40℃)1リットルに対しビーズワックスをキャップ3杯の割合で薄めた液を作り
固く絞ったタオルでフローリングを拭くだけです。
その後、30分ほど完全に乾燥させてから、よりツヤをお望みなら重ね塗りすると良いそうです。

とにかく雑巾がけの要領で作業は終了です。
ちなみに乾拭きするとツヤが増すので、モップなどを利用するのも手かも知れません。

説明書には月に一回以上とありますが、これなら毎日でも出来そうです(^^)



我が家の輝き



3年目の我が家のフローリングですが、現在もなおピッカピカです。

         


 



お手軽ワックスがけ


新築時から暫く上記の方法でワックスがけをしておりましたが、日ごろ頻繁に作業しようと思うとこれがまた結構な労力を要し
手軽さには欠け重い腰が更に重くなってしまいます。

挙句の果てには、年末の大掃除の際にしかワックスがけをしなくなるなんてこともなり兼ねません。

そこで妻が何時の間にか自己流で手際良くアウロがけしている様子が、何とも楽そうでしたのでご紹介させていただきます。

私も最近では、この方法で楽してます。


                     


ワックスを掛ける前に、一通り掃除機がけします。

それからスプレー容器の中に作ったAUROをフローリングへ直接適当にスプレーします。

                                

その後、化学モップで広く伸ばすように満遍なく擦るだけなんです。

これですと、中腰で床を強くこする必要もなく、また改めてカラ拭きする面倒がありませんので本当にらくらくです。

もし艶をもっと出したいと思えば、奇麗な雑巾をモップに巻き付け擦れば更に光沢が出るのではないでしょか・・・