3ヶ月点検

2003.06.28

 入居後、初めての3ヶ月点検がスウェーデンハウスサービス(清水氏)により行われました。

                     
 
 清水さんから ”何か不具合点・問題箇所などありますか?” と尋ねられましたので ”ん〜庭がちょっと狭いんです! 
 とでも言おうかと思ったのですが、他にこれと言って特別問題点などは見当らたらなく ”特別ありません” と素直にお答え
 するしかありませんでした。
 本当にないので仕方がありません。
   

外回り外観の点検


 先ずはグルっと外回りから点検がスタートしました。
 特に大きな問題点もなく完璧な出来栄えに、清水さんもウットリ・・・していると思うのは気のせい?

          

 外観の南側を点検中に、軒下から出るまだ未設置の同軸ケーブルが束ねてあるのが気になったご様子で、
  ”あれは何ですか? と さすが鋭い質問を私に投げかけられました。
  きっと電気工事の一部が工事し忘れなのではと思ったに違いありません。

  まだ航空無線用アンテナの取り付け位置が決まっていないので、同軸ケーブルが中途半端な状態になっているんですよ!
  と事情を簡単にご説明させていただきました。
  先日、道を歩く何処かのお婆ちゃんにも ”あれはモミの木のイルミネーションに使う配線?”と聞かれた事もありましたので
  一日も早く何とかしなければと考えております。

                  

SWHサービス清水さんのアイテム


 ケースの中身はメンテナンス用の清水さんのアイテム(七つ道具)がぎっしりと詰まっています。
 
  さぁ これからSWHサービスによる高度な専門知識を持つ清水さんは、実際どの様な方法でメンテナンスを行うのか?
  そして、また私達に理解し得る的確なアドバイスをするのかお手並み拝見です。
  本当に全てが興味津々ですね。

                           


玄関ドアーの点検及び補修


 いよいよ点検らしい点検が我が家の玄関ドアーから始まりました。
 手始めに清水さんが我が家の素晴らしい玄関ドアーを点検する前に、以前から少し気になっている部分があったので
 早速お尋ねしてみました。 
 以前、玄関ドアーのストッパー(ゴム)が設置されていない時に、私が大切なドアーを大きく開け過ぎて小指の先ほどの
 僅かなキズを付けてしまったのです。
 とても気になっていたのは言うまでもありませんが、専用の補修塗料や補修方法が判らず暫く手付かずだったので
 おもむろに清水さんに尋ねてみた所、ケースの中から特殊な塗料を取り出し意とも簡単に補修してしまいました。
 
             
 

 アッと言う間の補修作業でしたので、ただただ唖然とするばかりです。
 さすがSWHサービスですね〜 まさにカユイ所に手が届くと言う感じですね。
 嬉しさのあまり駄目もとで私は ”その塗料いただけるんですよね〜” と冗談でカマをかけて言いましたら、とても優しい
 清水さんはその高価な塗料をそっと笑顔で手渡してくれました。
 ちなみに もう一つ! とはさすがの私でも言えませんでしたけど・・・

                     


 無事に補修も終え、本来の点検が始まり玄関ドアーの可動部分そしてドアーノブなど動く所は全てに556を念入りに
 スプレーされていました。

           

 スプレーだけで動きがこれほどまでにスムーズになるんですね。
 私はすかさず ”その556スプレーもいただけるんですよね〜” と言いましたら清水さんは笑ってました。
 しかし心優しい清水さんは新しいスプレー缶を車から出して来てくれまして、そっと私にプレゼントして下さいました。
 

 その後、玄関ドアーの閉まり具合の調整方法についても実際作業されながら的確にアドバイスしていただきました。
 妻も忘れてはいけないと必死でメモを取り、模範的な教わる姿勢で聞き入っていました。

           

 ドアー上部にある3つのネジを調整するだけで、自分に合った動きに微妙に調整できるとは勉強になりました。
 3ヶ月点検も決してダテではありませんでした。

1階・2階のトップターンウインド及び室内ドアーの点検


 続いて清水さんは、各部屋のトップターンウインド及び室内ドアーの閉まり具合等を確認し、556スプレーで気になる箇所
 にスプレーし始めました。

                    

 また室内ドアーの閉まり具合については、マイナスドライバーで金具を曲げ、閉まり具合を微妙に調整して下さいました。
 ちょっとした調整でドアの遊びがなくなるものですね。
                             

 トップターンウインドについては特殊工具により窓の開閉もスムーズです♪
 勿論、その特殊工具を欲しそうに眺めていると、さすがの清水さんでも譲ってはいただけませんでした。

 一階の全てのドアー・窓の点検が終わり、続いて2階へと作業は進みました。
 
                   

 全ての可動部分を点検する訳ですから、時間もかかる訳です。

床下の点検


 続いて床下の点検を行うため、清水さんは紙製のツナギに身を包み準備万端。
 我が家では何ら問題ありませんでしたが、もし水が基礎に溜まっている様でしたら異常だそうです。

 ちなみに床下はとても涼しいとの事でした。
 今回中へ入る事は遠慮させていただきましたが、点検口から少し顔を入れると僅かに涼しさを体感する事が出来ました。
 妻にいじめられたら、何時かは地下に潜り込もうと考えています。

        



今回、初めての3ヶ月点検を終え私達にとって沢山の収穫があった様な気がします。
清水さんに疑問点など教えていただいた事を数え上げればキリがありませんが
これから安心して暮らせそうな自信が沸いてきました。

次回は6ヶ月点検です。
また清水さんと再会するまでには私もエキスパートになっている事でしょう〜

本当にお疲れ様でした♪