15年目点検


2018.2.5


前回の10年目点検から気が付けば早いもので15年点検を迎えてしまいました。

かれこれ15年もこのスウェーデンハウスとのお付き合いになりますが、今言えることは飽きの来ない大満足でご自慢の家であると

言うことです。

大概、15年もすれば慣れ飽きてしまいそうですが 実はそんなことは一つも頭が過ぎったことはありませんでしたね。

それどころか更に愛着が出て来て、住んでいる喜びすら感じられる程です。

私もこれから何年?何十年生きられるか判りませんが、このお気に入りの家に住んでいる以上、しっかりメンティナンスし妻と

苦労して建てたマイホームですから愛着を持って今後も大切にし住み続けて行きたいと改めて感じている所です。


今日は予定通りスウェーデンハウスサービスの我が家担当者さんが10時にお見えになりました。

早速手際良く点検が始まりましたが、点検自体が久々だったのでとても新鮮でした。

 

                        



先ずは玄関ドアの開閉の調整から始まりました。

    

我が家ではデジタルロックを使っていますが、10年も経つとロック内部の金属が摩耗することで、稀にロックが解除出来ないトラブル

を引き起こすことがあるそうです。

万が一の場合は窓を一枚外して室内に入らなければならず、費用も5万円以上もかかったりと大変なことになる前に交換した方が

良いとのことで、新しいデジタルロックとこの機会に取り換えることにしました。

また表面も使用頻度が高いので擦れて剥げてしまっていますから丁度良いかも?です。  ちょいと痛い出費になりますが・・・・


次にバルコニードアの点検とメンティナンスですが、素人は絶対外さないであろうドアノブの取り付けネジを外して行きます。

何を点検するのかと言いますと、カギ内部の部品の摩耗を点検するためのものでした。

こちらもやはり長年使っていると、内部の金具の一部が摩耗しまうそうですよね。

今回15年目点検にして初めて内部を点検していただきましたので、安心です。


                   


続きまして定番の窓の点検ですが、我が家はアルム(三角屋根)なので他の豪邸より少ないと言えそれでも大変ですよね。

我が家はメンティナンスして下さる方を思って、極力窓は少なめにしてあります・・・・・・・笑   そんな訳ないか〜

                    


室内の点検が一通り終わると、表の外壁や屋根の状態などを点検されていました。

                   


表の点検が終え、最後に床下を確認していただきましたが特に異常ありませんでした。

ご担当の方から、全体的にとても綺麗にしていらっしゃいまsねとお褒めのお言葉いただきました。

またしっかり建てられた家の様で、壁紙の歪みも殆どなくこの調子だとあと15年はこのままの状態で行けるでしょうと

お墨付きいただきました。

特に我が家の建築時はこちら横浜でもスウェーデンハウスを手掛ける中でも最高ランクの大工さんでしたのでそれもその筈です。


無事に点検も終えましたが、また心を新たにこの家に愛着を持ってスウェーデンハウスオーナーとして模範となれる様

今後も歩んで行こうと思っています。

今年は15年目にして外壁塗装しますので、楽しみです。