ロールカーテンの取り付け




 2008.12.27


年末ともなると、やはりカーテンの汚れも気なるところですね。

一般的な他の家と比べると、日頃窓の開閉する機会が少ないためかロールカーテンはさほど汚れているようには見えないのですが

一年の締めくくりとして、綺麗にして新年を迎えたいところであります。

我が家の窓自体が少ないので、大掃除の時などは助かりますがそれでさえ全てのカーテンを取り外すにもかなりの労力を要します。

この家に移り住んで5年もの歳月が過ぎようとしていますが、私自身ロールカーテンを外したり掃除したりしたことは一度もなく

全ては妻任せでした。

日頃何気に使っているロールカーテンですが、取り外したりしたら間違いなく取り付けは出来ないでしょう。

でもいつ何時、自分でやらなくてはならない場合もあるかと思いましたので今回妻がカーテンを洗濯したみたいなので、取り付け方など

一通り勉強させていただくことにしたんです。

妻にさりげなく 「取り付けなどは結構面倒くさいの?」 と尋ねると 「そうでもないよ手間はかかるけど簡単だよ」 ということでしたので

初めて体験する私にとっては安心しました。


経験を兼ねながら、忘れないように取材を通し作業要領を記録したいと思います。

何事も勉強 勉強ですよね。




                                
 ●取り付け要領●

ロールカーテンが取り外された状態です。

取り付け部にはマジックテープ・4本のヒモ
及び4つのフックそしてリングから構成されている。
カーテン側に付いているマジックテープ部と
金具に付いているマジックテープを左右均等
になる様に位置を確認し端から取り付けます。
端から約10cm〜20cm程度まで留めて
マジックテープ部を取り付け固定します。

これでカーテンから手を話せるので
他の作業が自由に行うことができます。
カーテン裏側にある一番上の
リングからヒモを通して行きます。
リングの上部から下部へヒモを通す。
捩じって通すとカーテン巻き上げ時に
絡んでしまうので注意。
一番下のリングにはヒモは通してはならない。
フックの穴にヒモを通す。
4本すべてのヒモにあらかじめ印を
しておいた部分にフックの上部を合わせる。


●注意●

この印を無視してフックを取り付けますと
当然ですが、4本のヒモの長さが
アンバランスになりカーテンが
巻き取りの際、歪んでしまいます。
フックに1周または2周程度巻きつけて固定。
ヒモを巻きつけたフックを一番下のリングに留め固定。

この工程を4本のヒモ全て行います。
最後にカーテン下部にオモリ用の棒を差し込み完了。


やってみると、意外に簡単ですが家中のすべてのカーテンを作業しようと思うと結構大変な手間ですね。

来年は私も一応 作業出来そうなので手伝ってやろうと思っています。

但し、この方法は我が家のカーテンを基本に作成したものですべてのロールカーテンに当てはまるものではないと思いますので

あしからず。

最後に妻によると、若干カーテンが湿っている様に感じたので 「ちょっと湿っているけど?」 と尋ねると カーテンは少し湿らせた

状態で取り付けシワを伸ばすのが基本だそうです。

これでシワが伸びるそうな・・・・。

なるほどね。